大きいサイズ アウター

大きいサイズ アウター

そろそろアウターの出番!!

気温が低くなってくると、「そろそろアウターが必要かな?」と羽織ものを意識しますよね。でも、アウターといっても、今年はどんなアウターを購入しようか、自分にこのデザインが似合うのかなど色々考えますよね。今回は、様々なメンズアウターの中でも、これから秋から冬にかけて活躍間違い無しの使いやすい形のものをいくつかご紹介したいと思います。
 

ステンカラーコート

大人のメンズファッションのコーディネートアイテムに高い支持を得ている定番アウターです。ステンカラーコートの良さは、スオフィススタイルから休日のオフスタイルまで広く合わせられることの出来る、合わせる服を選ばないデザインが魅力でしょう。素材は定番のコットンベースですが、変わり種素材も素敵です。
 
[(例)変わり種素材]
・ポリエステルとナイロンが混ざっている素材
→洗濯して洗いをかけると、生地にこなれ感が出て良い味を出してくれます。
綺麗目スタイル~カジュアルスタイルにも着こなしが可能なので、幅広くオシャレが楽しめます。程よくタイトなシルエットがスッキリと大人っぽく魅せてくれます。
 
[カジュアルなスタイリングが好きな人]
・コートのインナーにパーカーをイン!
・インナーにボーダーをイン!
・バッグをリュックにするとストリート系に!
・パンツの裾をアンクル丈に折り曲げて白ソックスをチラ見せさる!
ステンカラーコートのコーディネートも少しスタイリングする時に工夫するとオシャレ度がUPします。
 

チェスターコート

最近ではチェスターコートはメンズアウターの新たな定番となっています。綺麗目スタイルが多い人は、素材・カラー・形が違うものを持っていても良いでしょう。シンプルなスタイリングでも格好良くコーディネートがきまります。
 
[素材]
・冬:暖かいウールやカシミア素材
・秋:素材感を楽しめるもの
で、オシャレを遊んでみるものおススメです。
型崩れ防止のために科学繊維(ナイロンなど)が入っているものが多く市場で販売されています。自分のライフスタイルや好みの肌触り等を考慮してしっかり選びましょう。ストレッチが効く。伸び縮みする素材もあったりするので、ストレスを感じない着心地の良さを求める人にもおススメです。
 
[スタイリングのポイント]
・アンクル丈のパンツを合わせて足元で抜け感を演出!  
・靴はローファーなどで合わせると綺麗目なスタイリングに!
・ボトムにデニムをもってくれば爽やかに、黒パンツで大人な印象にも!
 

オイルジャケット

近年段々と人気が高まっているのが、オイルジャケットです。経年の変化を楽しめる素材なので、着用していく度に生地が馴染み自分だけのコートになっていく、なんとも男心を掴むアイテムの一つとなっています。オイルジャケットは風の吹く冷えた日でも風を通さない特徴があります。本来はアウトドアアイテムとして着用されていましたが、生地のもつ素朴感とオイルが染み込んだツヤ感がマッチして渋さを出してくれます。
 
[スタイリングのポイント]
・スーツと合わせても〇!こなれた雰囲気に!
・ ジャケット×パンスタイルに合わせても〇!
・インナーにシャツ、または、シャツonニットを重ね着して!
・パンツ:濃い色のデニムでカジュアルに!
      白パンツでクリアな印象に!
オイルジャケットはデニムやTシャツと合わせればカジュアルスタイル、スーツやジャケットと合わせれば綺麗目スタイル、というように合わせるアイテムの幅が広いことも魅力です。
  

ミリタリーアウター

ミリタリーテイストは流行がなく毎年人気です。よく皆さんが知っているモッズコートやMA-1をはじめ、バリエーションも豊富に品揃えがあります。色の濃いグリーンでミリタリー感を強く出したり、ブラックなどのダークカラーでミリタリー感を抑えめにすることもできます。コートの素材の厚みで秋物と冬物に分かれてくるので、色々見てみて下さいね。
 
【ミリタリーのバリエーション】
MA-1
アメリカ空軍で着用されていたフライトジャケットで、装飾を最低限に控えたシンプルなデザインが特徴です。表地はカーキ、裏地はオレンジが基本です。定番カラーはカーキになりますが、ネイビーやブラックも人気があります。  

M-65

アメリカ軍の寒冷地用のアウターで、取り外し可能なインナーや襟の部分に収納できるフードなど、機能性に優れたつくりが特徴です。近年では、定番の形にアレンジ効かせたデザインも豊富になっています。

モッズコート
アメリカ軍が野戦用に使用していたアウターで、ロング丈にファー付きフード、裾の後ろ部分がフィッシュテールになっているデザインが特徴です。カジュアルアウターの中でも毎年人気が高いです。

N-3B
ナイロン製ジャケットで、気温が-20℃から-30℃の極寒地で使用されており、大変保温性に優れたつくりが特徴です。袖先も防寒性を高める工夫が施されており、インナーリブやフラップボタンのつくりになっています。男らしい着こなしが好きな人にはおススメです。

デッキジャケット

アメリカ海軍の戦艦搭乗員が使用していたジャケットです。袖口は風が侵入して来ないようにリブを袖先が内側になっていたり、風対策の工夫が施されています。羽織るだけで男らしい雰囲気に仕上がります。
 

ショップコート

従来はショップ販売員や作業員の制服として着用されていたワークコートです。基本的には、コットン製の薄手な素材で、
着用時期は秋がメインになってきます。ショップコートの特徴として、良い意味でも悪い意味でも野暮ったさが味としてあるので、コーディネートのしやすさと、ショップコートの素材の味の良さ、どちらをと選ぶかでスタイリングの印象が変わってきます。近年は、洗練された印象を演出するために、ロング丈で素材感やカラーリングを工夫したショップコートが人気です。
 
 
・デニムと合わせればカジュアル!
・白アイテム中心にし、まとまりのあるスタイリッシュな印象!
・コートのカラーと同系色の小物(キャップ、靴、鞄)の色も統一!
・コート以外のアイテムは色を絞る!モノトーンコーデに!
 
アイテム自体はシンプルな分、着こなし次第でカジュアル、ストリート、モードと本当に様々なスタイリングが楽しめるのがショップコートの魅力です。  
 

ライダースジャケット

色気があって男らしいワイルドな印象のある定番のライダースジャケットです。定番だけあってデザインや形も豊富に商品展開されています。フロント部分のデザインが”シングルタイプ”と”ダブルタイプ”の2つのパターンに分かれています。
・シングルタイプ:プレーンですっきりとしたデザインで、ワイルドさと爽やかな印象!
・ダブルタイプ:シングルタイプに比べて外からの風の侵入を防止し、男らしさが強調されカジュアル感が強めな印象!
それぞれのデザインのタイプによって印象は異なります。シンプルなコーディネートでも他のアウターと比較すると、ハードでワイルドなスタイリングが楽しめます。
 
[スタイリングのポイント]
・トップスをベージュにしてマイルドさをプラス!
・インナーにデニムシャツを覗かせて、スタイリッシュ感UP!
・同系色でまとめれば、男らしいモノトーンコーデに!
 
色々とアウターについてご紹介してきましたが、気になるデザインはありましたか?コート選びで大事なのは、シルエットの美しさがポイントです。大きいサイズのアウターでも、色々デザインや形を見てみると、バリエーション豊富にとり揃っていますよね。こちらのアウター情報も参考に、お気に入りのアウターを是非見つけてみて下さいね。

 

おすすめの店舗

スラブネップ素材を使用した軽い着心地のお洒落ジャケットです!
薄手のジャケットなので、肌寒くなる季節に活躍してくれます。
肌触りの良い生地感で、多少の伸び感があるので着心地ラクちんのアイテムとなってます。